新築一戸建て住宅には多くのメリットがあります

住宅の購入を考える場合、ライフスタイルに応じた選択が必要です。


それぞれの家族状況によって選択肢が変わってきます。

一戸建てかマンションかの選択をする際にはそれぞれのメリットやデメリットを知っておく事が必要です。


マンションは同じ間取りでも比較的安い費用で購入する事ができます。

セキュリティに優れているので、空き巣等の心配をせずに生活する事ができます。



更にシロアリやゴキブリ等の害虫による被害が少ないというメリットもあります。

建物についての問題は管理会社が対応してくれます。



そしてマンションでの集団生活はお互いに協力し合える反面、階下や両隣への騒音等の気遣いが必要になります。
長い年月生活すれば、共有部分の使用の仕方等で住人同士のトラブルが生じる事もあります。
一方、一戸建ては隣の家とある程度離れているので、プライバシーは守られます。


管理組合等への参加義務もないです。



ペットとの生活や庭があれば四季の草花を楽しむ事もできます。
そしてマンションでは不可能な増築や大規模なリフォームが可能なので、夢が広がります。


そして中古か新築かを決める事が必要です。

中古住宅は安い上に数が多く、様々な条件の中から選ぶ事ができます。



しかし最近の自然災害等を考えるとある程度の耐震性や耐久性が必要になります。



1981年に建築基準が改正されているので、選ぶ際の目安にする事ができます。



新築の一戸建て住宅なら最新の耐震構造や制震構造を取り入れて建てられているので、安心して生活する事ができます。

新築の一戸建て住宅を購入する場合はそれなりの予算が必要です。

長期の住宅ローンを組む必要がある場合もあります。



しかしマンションを選んだ場合でも管理費や駐車場代、修繕積立金等が必要になり、月に3万円から5万円程の出費は覚悟する必要があります。
30年以上住むとなると1000万円以上になる事もあるので、長期的に見ればマンションの方が必ずしも安いとは言えないです。



新築の一戸建て住宅の購入なら快適な生活ができる上にマンションよりも高い資産的価値が期待できます。少しでも安い費用で購入したいのなら土地付き建売住宅が最適です。業務の効率化等によりコストダウンがなされているので、格安価格で購入する事ができます。


まずはインターネットを活用し、各不動産会社のサイトに会員登録します。


予算や希望地等の条件を登録しておけば、その都度物件情報を知らせてくれます。
立地条件が価格に大きく影響するので、休日を利用してできるだけ多くの物件を見学し、希望に合う物件を根気よく探す事が必要です。

各不動産会社の評判については口コミサイトを利用するのが便利です。
実際に購入した人の感想や意見等を知る事ができます。


大手だけでなく、小さな不動産会社にも積極的に足を運び、説明等を受けてみる事が必要です。地域密着型の不動産ならではの親身な対応してくれるので、優良物件が見つかる可能性が高まります。


関連リンク

  • 不動産を売却する際、個人間で取引をする場合と買い取り業者へ売却する2つのやり方があります。1つ目は、個人間で売買する場合です。...

  • 借主がほとんどいなくなってしまって賃貸経営で頓挫してしまいそうになったときに役に立つのがリノベーションです。古くなってしまうとどんな物件であっても入居希望者は減るものであり、新たな魅力を付与しなければ問題は解決できないでしょう。...