何を基準にして土地を探しますか

今住んでいるところは、どのようなところですか。


生まれ育ったところ、それとも自分で探して家を建てて住んでいるところ、賃貸の住宅、又は仮住まいなど色々です。


生まれ育った家に住んでいると、生まれた時からいるので、土地に関してあまり考えないかもしれません。
居心地がよくすごせていると思います。就職や結婚などで家を出て、新しく自分で家を構えないといけなくなって、考えるようになると思います。

いざ、家を建てるとなった時に何を基準に土地選びをしますか。


親族から譲り受けたりすることもあります。その時には決められているので自分で選ぶことが出来ません。


まったく、新しいところで探す時に色々と迷ってしまうと思います。その時にしっかりと、自分の中で基準にしたい項目を決めておく必要があります。

基準が決まっていれば不動産にいって探してもらえばいいのです。


その時に自分が思っている基準に合っているもの、少し違っているもの、不動産の人がいいと思って紹介してくれるところたくさん見て回るといいと思います。
色々なところを見て回ることで比較して、いいところ、ちょっと不安に思えるところなど見えてきます。



そして、納得いくところが見つかると思います。
自分で決める基準は、人それぞれです。



家族のことを考え決める、自分のこだわりで決めるいろいろです。



子供のために学校に近いところに決める、でも最寄り駅までは遠いところにする。


学校は遠いけど最寄り駅までは近いところにする。日常生活が楽にできるところがいいので、お店の近くにする、でも道はいつも渋滞している、など色々です。



子供の為と思って学校の近くに決めても小学校なら6年間、中学校なら3年間で終わってしまします。



高校や大学、就職でバスや電車を使うことのほうが長いかも知れないです。

その時に最寄り駅までの距離や時間も考えておいた方がいいです。



土地は便利な環境のほうが値段も高くなってしまいます。



お金との兼ね合いもあると思います。

でも、長い目で考えないといけないと思います。せっかく高いお金を払うのに妥協して暮らすのはつらいです。
土地の方向や広さにもこだわりは有ります。
日当たりはいいのか、道路はどうなっているのか、きちんと確認が必要です。
広くても日当たりがあまり良くなかったらじめじめした季節や寒くなったときはどうなのかよく考える必要があります。


今、大きな災害が多く発生しています。

地盤についても気にしたほうがいいです。

地盤がゆるいのか、以前はどのように使われていたのか知っておくほうが災害が起きる前に色々と対策が取れます。



何も知らずに購入してしまい、いざ、災害おきて大きな被害が出てしまってはその後の生活にも大きく影響が出てしまします。


いつ、災害が起きてもおかしくない世の中、備えて起きたいです。地域の慣わしや行事や隣近所の人たちの様子なども分かると、その土地の良さももっと分かってくると思います。

関連リンク

  • マンションやアパートを建てて土地活用をすることが広まっていますが、必ずしも建物を建てる必要はありません。土地活用の基本は賃貸経営による賃料で利益を得ることであり、借り手がいる状況を生み出す手段には建物以外の選択肢もあります。...

  • 不動産を売却する際、個人間で取引をする場合と買い取り業者へ売却する2つのやり方があります。1つ目は、個人間で売買する場合です。...