新築一戸建てを建てるときは土地に注意する

新築一戸建てを建てるときは、それを建てる土地に注意しましょう。

まず地盤のしっかりした土地に建てる必要があります。
せっかく新築一戸建てを建てても、地盤の弱い土地だったら、地震の時に家が傾いたり、崩壊することがあります。
日本は地震国です。
いつ大きな地震が起きるか分かりません。

その時に備えて、新築一戸建てを建てる場所に注意を払いましょう。
いろいろな土地がありますが、台地の上は地盤が安定しています。


埋立地は地盤のもろいことがあり、液状化現象が起こる恐れがあります。

このような土地に家を建てるときは、地盤を強化するのが良い方法です。

穴を掘って、そこにセメントを流し込んで地盤を強化する方法などがあります。
このような方法は、家を建てる業者に依頼すれば、行ってくれます。
家を建てる土地でもう一つ注意する必要があります。
それは利便性です。


利便性の高い土地を見つけて、そこに家を建てるようにします。
家自体は建てた後は劣化していき、価値がなくなります。

建ててから20年以上たつと、家の価値は非常に小さくなります。しかし、土地の価値が下がることは少ないです。

家のように下がらないで、上がることもあります。
利便性の良い土地だったら、土地の価値は上がっていきます。
また建てた時は利便性が低くても、後からそれが高くなったら、家の価値は上がっていきます。

建てた家はあなたの資産になります。資産価値を高める建て方をする必要があります。

そのためには、まず交通の便を考えましょう。

交通の便の良いところに建っている家の資産価値は高いです。駅からの距離がポイントです。駅から歩いて10分以内のところにある土地の資産価値は高いです。

その駅がターミナル駅だったら、確実に高くなると考えて良いでしょう。


地方の場合は、鉄道が通っていないところもあります。

その場合はバス停からの距離がポイントになります。
パス停から歩いて5分以内で行ける土地が望ましいです。
バスの回数が少ないバス停だったら、やや価値は下がってしまいますが、それでもバス停から遠い土地よりは価値が上がります。

交通だけではなく、生活の利便性も考えなければなりません。家を建てる土地の近くにスーパーやコンビニがある場所だったら、その家の資産価値は上昇します。

学校や病院があることも大切です。


不動産会社の広告を見ると、物件の近くある施設のことが詳細に書かれています。
その理由はその物件の資産価値をアピールする為なのです。もし家を購入する予算が少ない場合は、将来のことを考えて、土地を探しましょう。


家を建てる時点では不便な所でも、将来大規模施設建設の予定がある所だったら、その土地の資産価値は高くなります。


例えば、ショッピングモールができる予定の近所の土地は、値上がりすると考えられます。
この場合はややリスクがあります。

確実に大規模な施設が建てられるか分からないこともあるからです。
よく調べてから、土地を買いましょう。

草加新築一戸建ての口コミや評判を紹介しています。

神奈川の不動産買取情報は見逃せません。

人気のある目黒区のペット可を自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

大阪市の土地について悩んでいませんか。

納得の裾野市の工務店が今、話題になっています。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161218-00121845-hbolz-bus_all

http://rocketnews24.com/2013/01/16/285976/

http://okwave.jp/qa/q6816545.html

関連リンク

  • マンションやアパートを建てて土地活用をすることが広まっていますが、必ずしも建物を建てる必要はありません。土地活用の基本は賃貸経営による賃料で利益を得ることであり、借り手がいる状況を生み出す手段には建物以外の選択肢もあります。...

  • 今住んでいるところは、どのようなところですか。生まれ育ったところ、それとも自分で探して家を建てて住んでいるところ、賃貸の住宅、又は仮住まいなど色々です。...